借金相談ホットライン【公式】

借金の相談

借金の相談をする人が後を絶たない今の日本では、様々な窓口が用意されています。たとえば弁護士事務所が個々に、相談窓口としてフリーダイアルの電話番号を用意して、中には24時間365日電話応対を受け付けているというところもあります。他にも、司法書士事務所などでも、相談を受け付けているところがあります。最近は消費者金融に払い過ぎた借金の過払い請求ができるようになったために、その手続きを司法書士に依頼するケースが増えているために、昔以上に司法書士事務所での借金の相談件数は増えているのが現状です。
また各都道府県でも、借金相談窓口などは設けていますし、都道府県の弁護士会の相談会などの紹介なども実施しています。借金に関する相談はかなり後を絶たないと言われていますが、数年前に比べると相談窓口が増えているのが現状です。相談窓口が増えている理由としては、借金返済ができなくなった人が、自殺をしてしまうというケースなどもあるために、それを何とかする対策として、相談窓口が増えているとも言われています。
借金の相談をしようと思っている人は、都道府県で紹介してくれる弁護士会に連絡をしてみてもいいと思いますし、他にも個々の弁護士事務所で相談のための電話窓口やメール相談などを実施しているところもありますので、そちらを利用してみるといいと思います。自分一人で考えていても解決できない問題ですから、少しでも解決したいと思っているのであれば、早めの相談がいいでしょう。

 

街角法律相談所

街角法律相談所で借金・カード破産・多重債務、早期解決!

    借金を減らす手続きをしてくれる相談所や法律事務所を比較できます。無料借金減額シミュレーターであなたに最適な相談所を全国から探します。

     

     

 

日本法規情報

お金のトラブルでお悩みの方必見!業界トップクラスの事務所をご案内します!

    債務整理の法律相談・法律問題に関する解決・借金問題、等の相談の手続きは日本法規情報 債務整理相談サポート。債務整理相談の見積、問題解決のアドバイスを受けられる事務所を検索、ご案内します。

     

     

 

リヴラ総合法律事務所

借金問題でお悩みの方、借金お助けナビの無料相談へ!

    ひとりで悩まないで!わたしたちが一緒に解決します。借金問題が得意な弁護士があなたの借金問題を解決します!24時間いつでも無料受付しております。悩まないで!借金解決の方法は必ず見つかります。初期費用0円、土日夜間受付対応もOK、相談無料

     

     

借金返済

借金返済方法は色々とあります。借金の種類や、どれくらい借金があるのかによって、借金返済方法は違ってきます。借りている額が少額の場合には、それほど頑張り過ぎる必要はないと思いますが、巨額であるという場合には、きちんと借金返済の目途が立たなければ、普通に生活をしているだけでは返済が困難になると思います。借金返済に苦しむ人の中には、最終的には、自己破産をしてしまうという人も多いと言われています。自己破産は借金返済の最終手段として残されている唯一の道ですが、実は自己破産の前にも色々と任意整理があったり、民事再生という方法などもあります。
計画を持って借りていれば、返済に困ることはないのですが、今、借金返済に困っている人は多いのが現状です。というのも、不景気の影響もあり、当てにしていたお給料が入らなかったり、働きたいけど仕事が減らされているという現状もあり、なかなか思うように仕事ができないのが現状です。
そうした背景から、現在借金に困っている人は多いと言われています。どこで借り入れるかにもよりますが、消費者金融などのサラ金から借りた場合には、ある一定の額を超えた場合には、利息の面から、もう返済が不可能になる可能性もあると言われています。借金返済に困って、どうしようもない人が後を絶たないために、弁護士や司法書士などが相談窓口を開くケースも増えて、相談するのに、何日も待たなくてはいけない場合もあるようです。

借金の時効

借金には時効があります。借金の時効とは、時効が成立するためには決められた期間があるのですが、その期間を過ぎれば、その借金が0になり、返済しなくてもいいという意味ではありません。借金の時効を適応させたいと思っている場合には、時効の援用手続きを行うことになります。これは時効の期間が過ぎて成立しているので、借金を支払う必要がないということを、借りた債権者に対して、申し伝える手続きのことを言います。
時効が成立しているので、借金の返済をしないと、借りている先に言う手続きですが、これは口で伝えるのではなくて、基本的には、証拠として残すための内容証明郵便を送ることになります。
借金の時効には、勝手に時間が過ぎたからそのままにしておけばいいというわけではなく、このように援用しなければいけないのですが、その理由はなぜなのか。その理由は、民法上時効が成立するための時間が過ぎた場合には、時効の利益が借金の返済をなくすことにつながるのか、お金を借りた人が選ぶことができるようになっています。
ですから、時効の利益を受けるのか受けないのか、借りた人に対して、証明するために、時効をきちんと成立させるために、手続きを設けるということになりました。借金の時効のこの手続きは、自分でも行うことが可能ですが、専門家に依頼した方がいい場合もあります。時効時間を0に戻される可能性もあるので、安易に考えずに自分で行うのではなくて、専門家に依頼した方が安全でしょう。

 

最新の人気商品や、話題の商品をどこよりも早くご紹介!

planetlife.tv

どこよりも早くとってもお得なお役立ち情報や生活に役立つ最新の人気グッズや商品をご紹介しています!

imbroadcast.com

Makko.coならきっとあなたに最適なものが見つかります!トレンド情報満載のユーザー満足度ナンバーワンサイト!

Makko.co